環境配慮印刷


社会的に評価の高いエコ印刷で、環境に配慮したものづくりをサポートいたします。

身の回りにある印刷物は、企業活動や生活にとって重要な存在ですが、製作の過程で、森林・大気などの自然環境に多くの影響を及ぼします。当社では、こうした問題に対して真摯に取り組み、環境に優しい印刷物の製造を推進しています。この活用により、お客様は印刷物の環境負荷の低減に寄与できるとともに、表示された各種環境マークを通して、環境に配慮した企業姿勢をPRしていただくことができます。


 FSC®認証紙

FSC認証は、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益に適い、経済的に継続可能な、適切な森林管理を広めるための国際的な認証制度です。FSC認証製品を選ぶこと、それは世界の森林の責任ある管理を支えることです。

FSCとは

世界的な森林減少・劣化の問題と、グリーンコンシューマリズムの高まりを背景に「適正な森林管理」を認証する機関としてFSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が生まれました。FSCはドイツに本部を置く国際機関で「森林管理のためのFSCの10原則と70基準」に基づき、適正に管理された森林を認証します。この認証制度を「FSC森林認証制度」と言い、認証された森林の木材やその他のリスクの低い木材を使用しての木材加工製品にはFSCのロゴマークがつき、消費者に対して、認証された製品であることを伝えます。

 

FSC森林認証マーク

「適切な森林管理」をされた認証林からの木材やその他、リスクの低い管理された原材料を得て、最終加工製品ができるまでに、関係した加工会社や流通会社の全てが認証を受けた企業で構成された工程で製作された製品にのみ、左記のFSC森林認証マークを表記することができます。

FSC森林認証制度とは

森林認証制度とは、認定を受けた独立した第三者機関(認証機関)が、森林管理をある基準に照らし合わせて継続可能で、適切な森林管理を広めるための国際的な認証制度です。 単に森林に与えられるだけでなく、その木材から作られる製品が完成するまでの生産、加工、流通、すべての組織が認証を受けなくてはなりません。 森林管理が適切に行われているか審査する「森林管理認証(FM認証)」認証材を、適切に管理・加工していることを認証する「加工・流通過程の管理認証(COC認証)」と言います。

 

FSC中核的労働要求事項に関する方針声明

 

・児童労働の禁止

 国内法令で定められた雇用最低年齢に満たない児童を就労させません。

・強制労働の排除

 いかなる就業形態においても不当な労働を強制しません。

・雇用及び職業における差別の撤廃

 労働者の公正かつ公平な待遇を支援するとともに、

 基本的人権を尊重し、あらゆる差別を撤廃します。

・結社の自由及び団体交渉権の尊重

 結社の自由及び団体交渉の権利を尊重し、労使間で円滑な意思疎通を図ります。

 

2022年5月16日

株式会社セントラルプロフィックス

 

代表取締役 田畠 義之


 環境配慮型インキ

限りある資源を守るため、また有害物質を排除した、地球にも人にもやさしいインキです。

一般の印刷物に多く使われているインキには、残念ながら大気汚染を招く危険性の高いVOC(揮発性有機化合物)という有害物質を発生させる石油系溶剤が含まれています。当社では、有機化合物の大気中への揮発が少なく、かつ再生産可能な植物油インキや、高沸点石油系溶剤の使用率を1%未満に抑えたNon-VOCインキ・UVエコインキなど、環境対応の印刷インキをご用意いたしております。

 


植物油インキマーク

大豆やヤシ、パームなどの再生産可能な植物由来の油を原料としたインキ。植物油を含有したインキ中の植物油含有量基準を満たした植物油インキに付与できる環境マークです。

ボタニカルインキマーク

化石資源に代わるバイオマス資源(生物資源)の中でも特にCO2排出量の削減効果が高いといわれている植物由来の材料を10%以上使用したインキです。

バイオマスマーク

生物由来の資源(バイオマス)から成分を抽出して製造したインキ。バイオマス成分の含有率(乾燥重量比)10%以上がバイオマスインキとして認定されます。

ノンVOCインキマーク

インキ構成成分中の高沸点石油系溶剤を再生植物油等に置き換えて、揮発性有機化合物(VOC)含有量を測定するメソッド24の測定条件で、加熱減法1%未満に抑えた印刷インキに付与できる環境マークです。

UVエコインキマーク

Non-VOCインキは、省エネ型のUV印刷機で印刷した印刷物にも使用することができます。

省エネ型のUV印刷とNon-VOCインキの相乗効果にて、地球環境への負荷の低減が図れます。


 グリーンプリンティング(GP)

印刷のあらゆる工程をもっとエコにして、環境配慮型の印刷製品の普及を推進します。

グリーンプリンティング認定制度は、印刷資材や印刷関連工程、事業者の取り組みなどを基準化し、一定の基準を達成した工場を「グリーンプリンティング認定工場」として認定する制度です。また、同時に同工場で印刷し、資材等の一定の基準を達成した製品にも、グリーンプリンティング(GP)マークを表示することで、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目指す制度です。

 


印刷物に表示可能なGPマーク

印刷物に表示されるGPマークは上部の星の数が多いほど、環境配慮の度合が高いことを示しています。その種類と必要とされる要件(環境配慮)は表の通りです。

セントラルプロフィックスのGP認定拠点

GPマークを印刷製品に表示するには


 グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)

印刷資材製造における、地球温暖化対策の実践となります。


GGPとは

富士フイルム株式会社の無処理サーマルCTPプレートにおいて、原材料調達から、製造、輸送、使用、廃棄、リサイクルまでの工程で排出されるCO2を、開発途上国のCO2削減プロジェクトに出資して得た排出権でオフセット(相殺)することにより、CO2の排出量をゼロとした「カーボンゼロプレート」にて提供する、地球温暖化対策のプロジェクトです。

印刷物に表示可能なGGPマーク

カーボンゼロの無処理プレートを使用することで印刷物のCO2排出量を削減でき、印刷物にGGPロゴマークとともに「この印刷物は、カーボンゼロ・プレートを使用して印刷することで、CO2削減に貢献しています」と記載することができます。