オリジナルカラーマネジメントシステム

モニター・各種DDCPから平台校正・本機校正まで、すべての出力デバイスを「ジャパンカラー2011」「JMPA」「NSAC」等の各種色基準に合わせ込み、かつ、徹底した数値管理と定期的なキャリブレーションを実施し、品質安定度の高いプルーフを提供しております。また、その数値自体の精度を維持・管理するため、計測機器においても厳格なキャリブレーションを実施しております。

活用例

使用頻度の高い用紙に対するプロファイルを個別銘柄毎に作成すべく、安定した印刷が可能な弊社印刷機にて、プロファイル作成用チャートを印刷し、プロファイルを生成します。それらプロファイルを活用し、カラーマネジメントできる高精度なモニターや、プリモジェットXG(ターゲットチャートに対し⊿E1以内レベルのDDCP)のカラーマネジメントシステムに登録します。そうする事により、用紙によって色調の変わってしまう印刷における印刷時の色調シミュレーションが、まずは画像処理を実施しているモニターで実施でき、その後、DDCP出力にて更に高精度に確認できることで、本機校正時や本印刷時のターゲットに対する色調精度を非常に高めることが実現できております。

 

本社生産本部ではジャパンカラープルーフ運用認証を取得しております。


オリジナルカラーチャート

お客様への印刷の目安として、弊社ではセントラルプロフィックス オリジナルカラーチャートをご用意いたしております。このカラーチャートは、ジャパンカラー2011に準ずるべく、Lab値からのベタ濃度を設定し、ドットゲインもプレート出力時に適正に補正した上で、安定した環境の中で印刷しております。印刷時の色の再現につきまして、仕上がりイメージの把握の手助けとなりましたら幸いです。