立体彫刻+高精細印刷「3D&プリント」他 D-Art事業部


写真製版業を通じて、永年にわたり培ってきた画像処理技術と、素材を選ばずに印刷できる大判のUVインクジェットや、大判の彫刻機、カッティングプロッター等の活用により、立体印刷・3D彫刻・3D看板・サインディスプレイなど、画期的な「立体彫刻+高精細印刷」を中心とした幅広いソリューションのご提案を行っています。

複雑な形状の彫刻、大型部材へのダイレクト印刷、さまざまな部材のフリーカット、画像の特殊処理などによりお客様のイメージを鮮やかに具現化するD-Art事業部の製品群は、 サイン、ディスプレイ、建装材などへ応用することで強力な視覚効果をもたらし、店鋪やイベントブースなどのプロモーション効果を飛躍的に高めます。

D-Art事業部製品群の多彩なメリット


・部材を彫刻後、印刷が可能。


・アクリルや石材等、多様な材質に印刷可能。


・インクの厚みによるテクスチャー印刷が可能。


・ホワイトインクを使用することが可能。


・重ね刷りによる高濃度印刷を実現。


・凸凹部材への印刷が可能。(高低差15mm程度まで)


・部材のカットアウトや彫刻が自由自在。


・小ロットにおける秀逸なコストパフォーマンス。



各種最新鋭マシンを一拠点に集約。

高品質な作品をワンストップでお届けします。


3D&プリント等を手がけるのが、セントラルプロフィックスの「D-Art事業部」。その名の通り、デジタル技術を駆使したアーティスティックな製品づくりに携わり、お客様の高度なご要望へお応えしています。3D&プリント等に用いる最新鋭の各種マシンとスペシャリスト達は一拠点に集約されており、品質、価格、納期において効率的なソリューションをご提供しています。

ダイレクト印刷

最大幅2.51×1.26m・最大厚50.8mm

最大幅2.51m×1.26m、最大厚50.8mm/耐荷重量107kg、最大2.2m幅のロールメディアにも対応。木、アクリル、ガラス、金属、石、皮革、特殊用紙、表面が凹凸の部材(高低差15mm位まで)など、さまざまな材質への印刷が可能です。(6色+ホワイトインク+透明ヴァーニッシュ)

3D彫刻

最大幅3.1×1.3m・最大厚200mm

最大幅3.1m×1.3m、最大厚200mmの部材まで対応。写真やパターン等を3Dデータ化し、彫刻のみであれば最大高低差100mm※まで切削できます。人物、乗物、風景、オリジナルパターンなど、対象物を選ばず、極めて立体的な造形を実現します。※切削後、ダイレクト印刷する場合は制約あり。

フリーカット

最大幅3.0×1.8m・最大厚50mm

最大幅3.0m×1.8m、最大厚50mmまでのスチレン、木、アクリル、アルミ複合版、カッティングシートなど多様な素材を自由自在にカットすることができます。また、スジ押しも可能なので、パッケージの試作・小ロット生産にもお役立ていただけます。


アイデア次第で用途は無限大!


大型部材へのダイレクト印刷、さまざまな部材のフリーカット、複雑な形状の3D彫刻、さらには画像の特殊処理まで、お客様のご要望やアイデアに応じてフレキシブルにご活用いただけます。

D-Art事業部の活用の一例


・各種部材+写真画質彫刻+写真印刷=超リアル半立体物。


・ベニヤ材+古民家木材の写真印刷=リアルな古材。


・ポリカーボネート+ステンドグラスの写真印刷=リアルなステンドグラス。


・立体文字看板+フルカラー印刷=インパクトの最大化。




3D&プリント等に関するお問い合わせ先 株式会社セントラルプロフィックス D-Art事業部 東京都墨田区立川3-6-18 03-3635-3785